より快適に閲覧できるよう、当サイトではCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けることで、お使いの端末上のCookieの使用に同意したものとみなされます。 Cookieの使用について.
今すぐ予約

タコのボール禅子

5/26/17

正直言って、私はあなたの典型的なポートランドの食べ物ではありません。私は食べ物を愛し、調理技術を鑑賞し、新鮮な健康食品を準備することができますが、私はここでポートランドで知られているレストラン、バー、フード・カートのシーンを頻繁にはしません。私はダウンタウンで働いていて、郊外に住んでいます。父親の義務を考慮する必要があるので、私の自由時間は特に無料ではありません。それで、私は最近、近所の食べ物、禅子のおかげで地元で楽しむことができる一般的な日本の通りの食べ物であるタコヤキ(タコヤキ)を食べることに挑戦しました。

私は多様で多文化的な食べ物を見て、新しいことを試してみることを誇りに思っていますが、私はタコが特に好きではありません。触手だと思うのです。または、おそらくテクスチャ。あるいは、タコを食べるというアイデアだけです。しかし、ちょっと!私はそれらを試してみることに挑戦し、私の内なる子供は、結局のところ、挑戦は挑戦であるので、私に投げ込まれている有名な挑戦に抵抗することができませんでした!

私はパークから10番までワシントンストリートのショッピングカートから買いました。あなたが興味を持っている場合に備えて、ホテルに戻ってパレードして、挑戦者を徹底的に見てチャレンジを完成させてください。ここの同僚の従業員の遅い日だった。

私はそれを取る?私が期待したことについて玉ねぎ、生姜、笹の玉ねぎ(日本の料理によく見られる魚や昆布を原料にしたもの)と鰹節フレークで味付けした玉ねぎ。それはこのアメリカの口蓋に特に辛味の魚臭があり、先ほど触れたように、私のアメリカの口蓋がオクトーピと合理的に関連付けることができる噛み心地です。もう一度やってみる?確かに!それは、誰が私に挑戦しているかによって変わるかもしれません。

日本食が出る限り、私は寿司をつけるつもりだと思う。

閉じる